忍者ブログ

燻ログ -いぶろぐ-

徒然なるままに、その日暮らし。
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

04051844 マジ凹み…

どうも。久々にゆっくり休日を満喫している燻です。
何だかんだ、毎週土日(遊ぶのに)忙しくて滋養できなかったので、
羽を伸ばしきっています。


そんな肉体の回復とは異なり、ちと精神の方がマジ凹みしております…



先日、仕事中に仲の良い同僚が具合が悪くなり倒れまして。

私は違うフロアで作業していたので、そのことを聞き、急いで駆けつけた
のですが…

同僚の顔は油汗まみれで真っ青、私達が声をかけてもあまり反応できない
くらい辛そうで、素人の私達では殆ど何もできない状態でした。

救急車が呼ばれ、私達はキャリアーが通る道を塞いでいる荷物や機械を
急いでどかし、運ばれていくのを見守りました。


救急車に乗せられたものの、なかなかその救急車が発進しません。



そうです。最近ニュースでよく見る受け入れ先が見つからないという
ことだったらしいです。



結局、発進したのは15~20分くらいした後でした。




もう苛々が頂点に達していたので、帰宅後すぐに馬糞自民味噌カス民主

「ガソリンでくだらん議論せずにもっと違う議論すべきやろが!!」

と怒鳴ってやろうと思っていたのですが…



その後、信じられない話を先輩から聞き、急速に冷めてしまいました。



実は、同僚が倒れてから救急車を呼ぶのに20分くらいのブランクがあったようで。

よくある「誰かが救急車を呼んだだろう」という思い込みからの通報の遅れかと
思いましたが、その場にいた同僚から詳しく話を聞くと…



上司達が救急車を呼ぶなと命じたらしい



ことが判明。









久々にブチギレました。



が、あまりにもそのブチギレが激しすぎたようで、逆にクールダウンしていく
マイハート。


どうやら「どういう状況か分からないので、様子を見よう」ということらしく、
救急車を呼ばずにいたらしいです。



人が倒れてて返事さえマトモにできない状況を見ていたにも関わらず、です。



私は倒れた瞬間に側にいなかったので一概には言えませんが、正直な感想と
しては…



ああ、もうどうでもいいや。辞めてやろう。



とマジで考えました。

今まで役に立たねぇカスな上司どもだなぁとは思っていましたが、ここまで
ゴミだとは想定外。産廃未満です。



ちなみに倒れた同僚ですが、命に別状は無く、快方に向かっているという
ことです。よかったよかった。



結果オーライですが、私は彼らを許すことはできません。

可能なら今すぐボコボコにしてやりたいですが、仕事場の仲間に迷惑を
かける訳にはいきませんし、何よりゴミどもの体液など付いちゃったら
私のデリケートな皮膚は絶対にジンマシンまみれになっちゃいます。



さて…とりあえず就職活動に向けて資格の勉強でもしましょうかね。




今回は愚痴ですみませんでした。

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+