忍者ブログ

燻ログ -いぶろぐ-

徒然なるままに、その日暮らし。
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

04252341 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :04/25/23:41

08011714 対空指揮陣地 ④

中京AFVの会まであと2週間。

先日、ジオラマのベースをホワイトタイガーさんから受け取り、いよいよ完成へ
向けての最終段階へと突入します。


塗装に入る前に、前回アップしました4m測距儀とセットになる諸元伝達装置と
ジオラマを彩るフィギュアを載せたいと思います。





   zinti6.jpg

 写真資料を元に、装置にコード類を追加しました。
 装置下部からは、おそらく電源と思われる太目のコードが出ている
 写真をよく目にしたのですが、こいつが接続されているシーンが
 どうしても発見できず、結局電源が外されている状態を再現。

 ちなみに装置左側にヘッドホンがぶら下がっています。コードも
 同じく写真を参考に張りました。

 あとですが、非常に再現度の高いこのキットで唯一省略されて
 しまっている三脚の固定棒をプラ板で制作、接着。
 これでグッと映えることでしょう! たぶん…





   zinti7.jpg

 ジオラマの顔、おっさんたちです。

 写真左のは、レジン製の『レジキャスト ドイツ・アフリカ軍団』
 その横が『ハセガワ・べゴ キューベルワーゲン アフリカ軍団』
 付属してたフィギュアに、以前シュタウフェンベルク大佐を作ったとき
 余った右腕とボードを移植したもの。
 中央のは上半身が『グンゼ ドイツ無蓋貨車』付属の半裸フィギュアで
 下半身が1/32サイズの『エアフィックス イギリス軍兵隊セット』
 その左のオレンジ色フィギュアは『タミヤ キューベルワーゲンアフリカ軍団』より。
 他のに比べて少し小さめです。
 一番右で、トカゲ君を触ろうとしてる兵士は『タミヤ イギリス25ポンド砲』
 使用。色の違う左腕は無蓋貨車付属のフィギュアより。


アフリカ戦線ではドイツ軍、イギリス軍ともに装備の奪い合いだったようなので、
何かもう滅茶苦茶にカオスな感じで混ぜてみました。

実際、レジキャストのフィギュアは服から足の先、ホルスターまで全部英軍装備。
逆にこれでドイツ軍兵士と言われても…ってな感じです。



ちなみにトカゲ君は、ホワイトタイガーさんから『オマケ』として頂きました。
サイズ的にかなり大型の種だと思いますが…

ちょいと調べてみると、エジプトには『ナイルオオトカゲ』という、かなり
ビッグサイズなヤツが生息していることが判明。
よし、キミに決めたっ!!



さてさて、次回はある程度塗装も終わっている状態をアップしたいですね~。


PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+