忍者ブログ

燻ログ -いぶろぐ-

徒然なるままに、その日暮らし。
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

10172204 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :10/17/22:04

11122122 88mm対空列車砲 ②

昨晩、対空列車砲の進展写真を上げようとデジカメで撮影したのですが、
あれれ? メモリに写真が取り込まれない…?

これはデジカメが悪いのか、メモリカードが悪いのか。

ということで、今回は写りが悪いですが、携帯での写真にてご勘弁下さい…





   at5.jpg

 ドラゴンの平貨車キット、アイアンサイドの平貨車キットしかり、写真のように
 貨車の側面部にはこのようなモールドがあります。
 普通に平貨車として組むなら問題ないのですが、今回改造するタイプの貨車は
 こいつらよりもノッペリとしていて、ほとんどモールドがありません。

 そこで、リューターとヤスリを使い、これらのモールドを削り落とします。






   at6.jpg

 After写真。ハンドルから突起物まで、全て削り落としました。
 この作業に3時間もかかってしまった…

 ちなみにですが、ドラゴンの平貨車は裏表に別のモールドのある、この
 ランナー4枚を組み合わせて本体を組み立てるようになってます。
 なので、私は表側になる面のみ、削り落としました。裏側までやってたら
 持ちません…


さて、これで側面部は終わり…と思いきや、まだ重要なパースの修正が
待っています。


百聞は一見に如かず。まずは下の図をご覧下さい。


   at7.jpg

 この図のように、ドラゴンの平貨車と対空列車砲の平貨車の側面部は、
 もうひとつ大きな相違点がありまして。
 それが、両端の平行面部分であります。


ちょうどドラゴンの平貨車は、88mmを2門も搭載するには大きさが少々
小さいので、キット側面にプラ板とプラ角棒を組み合わせてそれらしく
延長することにしました。
車体が大きくなって迫力が増せば、そそり立つ88mm×2も見栄えがきっと
良くなることでしょう!

とは言え、プラ板工作なぞ素人同然の私…
果たして上手くできるのか、己への挑戦でもあります。


今回はここまで!



う~む、次回ではある程度、貨車が形になっているようにしたいですね~。


PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+