忍者ブログ

燻ログ -いぶろぐ-

徒然なるままに、その日暮らし。
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

05182350 2010 静岡ホビーショー!

うおお、ちょいと公開が遅れてしまいましたが、16日に開催されました
模型の祭典、『静岡ホビーショー』の展示会の様子を記事にしたいと
思います。

今年はいつものメンバーとなる、根生さん、ホワイトタイガーさん、とこやさん、
カレー屋さん、なごやんさん、そして私に、moppuさんとモケモケ店長さんを
加えた計8人という大所帯で、朝5時から出発。


例によって、道中の様子は『プラモ日記』様、『平日模型親父どもの部屋』様、
『moppulog』様に掲載されておりますので、ご参照下さい…
(皆様、おんぶに抱っこでスミマセン)





さて、それでは会場で撮影したステキな作品、新製品を掲載していきますです。





   sh01.jpg

 MMMで毎回私を癒して下さる嘉瀬先生の作品!
 タイトルが『ズヴェルボイ』でしたので、猛獣狩り、という意味でしょう。
 ブッ壊れた客車はおそらくスクラッチ…あああもったいない!!
 ちなみに右奥に腕木式信号機がありますが、これはCMKのキットかな?




   sh05.jpg

 1/35鉄道会同志の文通相手様が所属しておられる『轍』のブースです。
 す、すげい…中段の装甲列車はドイツが鹵獲したヤツで、下段の列車は
 装甲ディーゼル機関車を連結したNr.29です。




   sh06.jpg

 こちらは英軍のみの車両で構成されたブースです。
 その名も『British Armours Modellers Club』!
 最近、みに・ミーさんのブログで英軍熱が上昇中でしたので激写。



   sh25.jpg

 何と! パ、パンチャドラムがありました…
 ちなみに制作者は装甲列車の人と同じです。流石は目の付け所が違う!





   sh14.jpg

 こ…これは!? 南満州鉄道の『特急あじあ号』の専用機関車です!
 機関車の名前は『パシナ』。ちなみに1/35です…
 世界にはまだまだマニアックな方がおられるのだなぁ。





   sh26.jpg

 ドラゴンの貨車を使ったジオラマです。隣でヤマタク先生も覗き込んで
 おられました…
 配置とか勉強になるなぁ。





   sh02.jpg

 メルセデス・ベンツL4500に、プラスモデルから出ている除雪ブレードを
 装着した作品です。
 かっこいい! ちなみに私もこのキットを持っているので、参考にさせて
 頂くとしましょう…ふふ。





   sh12.jpg

 沖縄の基地移設問題でもちょっと触れられていた、可変翼航空機
 『オスプレイ』です。
 結構デカイなぁ…と思って撮影していたら…



   sh13.jpg

 突然プロペラが動いてエンジンも前向きに移動した!?
 作者様はモーターを仕込んで可動式にしてました…恐るべし…





   sh11.jpg

 最近えらい目に遭っている戦闘機たち…いや、笑い話ですよ!
 めっちゃキレイに作られた痛機ズです。このデカールを貼るときのことを
 考えると冷や汗どころではありませんぜ…





   sh10.jpg

 凄まじい存在感を放っていた映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の
 海賊船、ブラックパール号!
 帆船ってホンマにかっこいいわ~…





   sh03.jpg

 『こち亀』のワンシーンを立体化したヴィネットです。



   sh04.jpg

 こっちからの風景に作者様の熱情を感じる…楽しそうな作品です。





   sh08.jpg

 言わずもがな、映画『ALWAYS』の鈴木オート!
 うおお~! 凄い、凄すぎる! こういうの作りたい! と思わせる
 すんばらしい作品です。


   sh09.jpg

 同上、『ALWAYS』に出てくる風景2!
 …どれだけ見ていても飽きません…持って帰りたい…(オイ)





   sh07.jpg

 かわいかったので思わず激写! SDガンダムを使った雛壇です。
 こういうセンスが光る作品も大好きです~。
 私も結構持っているので、こういう感じで作ってみるのもいいかしら?





展示会での写真は以上です。

次に、企業ブースでの新製品キット等を紹介していきます。






   sh16.jpg

 もはや国民的アイドルとなりつつある『はやぶさ』のキット!
 これを見に行くのが今回の静岡ホビーショーで第一の目的でした…(笑)
 撮影している人がかなり多かったので、やはり有名なのですねぇ。
 ちなみに金星探査機『あかつき』と『イカロス』のキット化も希望ですよ
 アオシマさん!!

…そういえば、21日に『あかつき』、『イカロス』両機を搭載したロケットが
発射されます。天候の関係で18日打ち上げだったのが延期されました。

さあ! 皆で応援しましょう!!



   sh17.jpg

 おおっ、既に宇宙ネタ第二弾も!?
 このキットは宇宙ステーションの補給ポッド『HTV』です。
 『はやぶさ』ではソーラーパネルは普通のプラ製でしたが、このキットから
 透明パーツになるとか。楽しみです!




   sh18.jpg

 海自のミサイル艇『おおたか』、『しらたか』のキットです。
 最初は「ふ~ん…」というくらいで見ていたのですが…(失礼!)



   sh19.jpg

 キットのランナーに『不審船』という文字を見つけて驚愕!
 なん…だと…?
 こんなモン作っちゃって大丈夫ですかアオシマさん!
 って、私は前からネタで作れば売れるのに~とか言ってましたけど…
 まさか実際にやるとは…



ハッキリ言える…


今、アオシマが熱い!!



ちなみに、私が楽しみにしていたアオシマ製の『軍艦島』のキットですが、
同社のブログによると業者日のみ公開していたようで、一般公開前に
撤去しちゃったらしいです。
しかもどうやら塗装済み完成品販売みたいですね…ううむ、無念。
何でも半完成状態での展示だったらしいですが、見たかったですねぇ。

…しかしながら、何故かフジミのブースで軍艦島を見たという情報も。
私はフジミブースが混みまくっていたので侵入しなかった! 畜生!!

そういえば…『けいおん!』が飛行甲板に描かれた痛空母も見てないな…





   sh15.jpg

 エアガンメーカー、東京マルイの新製品、『ニュー銀ダン』という
 低威力な子供向けのエアガンの紹介です。
 現代の銀玉鉄砲ってヤツですね。そいつにワルサーPPKっぽいのが
 リリースされるので、こいつはリエナクト的に買いです!
 ちなみに現在販売されているのは緑色や青色、赤色で、実在していた
 黒やシルバーモデルが今までなかったのです。




…あれ? これだけしか企業ブースの写真がない…

少なくてスミマセンです…



そんなこんなでお昼過ぎ、モデラーズフリマで買い物も済ませ、タミヤ本社に
向かうことに。

その途中、何とキューベルワーゲンの群れに遭遇!!



   sh20.jpg

 うおお~!! テンションMAX!!!

 並んでいたほとんどのキューベルはインターメカニカ製のレプリカ車
 でしたが、1両だけモノホンのレストア車がいて、管理者の方にいろいろと
 質問してしまいました。
 お名前も伺わずに質問攻めしてしまった…本当に申し訳ありませんでした…




気力も再充填!

いざタミヤ本社へ!!





   sh24.jpg

 おお…な、何という神々しさ…
 世界に誇るタミヤ御社でございます。私は初潜入!!


中に入ると、何とロビーに射出成形機が置いてあるではありませんか!
しかも、その場でプラモのランナーを作り、皆に配ってるし!!

これは一製造業の人間として見ずにはいられませんぜ!




   sh21.jpg

 これが、ロビーにあった成形機です。
 プラを射出して30秒で成形、冷却してランナーを作ってました。
 
 

   sh22.jpg

 詳しく解説されてます。
 ちなみに並んでいるのは子供連れの人か、係員に技術的なことを妙に
 聞きまくっている人かの2種類しかいなかった…



   sh23.jpg

 ドーム状のケースに入っているのがプラモの材料で、下の小さな原付バイクが
 配っていたランナーのキットです。
 カワイイ原チャリですが、何のキットのだろうか…?

 もちろん! プラモランナーのできる瞬間はデジカメの動画で撮影!
 係員の方にもいろいろ聞けて、勉強になりました~。


タミヤ本社内では、他にも放電加工や、もっと大きい射出成形機でミニ四駆の
ランナーを作っているところを見学しました。

自分達が作っているものが、こんな風に作られていたのか~と、何だか感慨深い
気持ちになりましたねぇ。

あ、もちろん半額セールも堪能させて頂きましたぜ。



その後、タミヤ本社を後にしてご当地ファミレス『さわやか』で美味しい昼食を取り、
模型屋さん巡りをして帰路に。

無事家に帰宅したのは、夜11時でした…


さ、流石に疲れましたが、今回も運転して下さったホワイトタイガーさんととこやさんには
頭が上がりません。ありがとうございました!


今回は道中感動の余りにボケ~っとしてて、いつものようにはっちゃけられませんでした。
ううむ、次の機会にはもっと笑わせられるようにしますね(笑)


それでは、今回はこんな感じで! 失礼します!



PR

いや〜ホント!!

アオシマ熱いよ〜!!
てかことごとく見た事無い写真ばっか!!選んだ訳じゃないよね〜!?はやぶさを擬人化したフィギアも在ったみたいだけど見なかった!?こちらも軍艦島と同様一般日には撤去されたか!?まぁ〜何にしてもオモロ〜なツアーになったね〜!!
では金曜日よろしく!!

  • :2010年05月19日水
  • +
  • +:とこや
  • +

無題

いやいや、お疲れ様でございましたね。

またまた、あーたも被写体選択が渋いでんなぁ。
そのなかの鈴木オートの作者は、かの伊藤康治御大ですね。
会場でお会いしたときは、カナーリ酒が残っている様子で、

おぉ!!来てたの?
で、例の奴どこに展示してあんの?
え?持って来てないのー!!
なぁーんだ、持ってくりゃよかったのにぃ!せっかくなんだからさぁー

と、一発目からツッコミまくられました。
この時点で、すでに15いなぽろりくらいだったのですねぇ‥‥今思えば。
まぁ、私ごときの拙作をみせたところで、足もとにも及ばないので、
憚られますが‥‥

いずれにしましても、大変楽しい濃厚な一日でございましたね。
また次回がありましたら、イブペディアお聞かせくださいね。




  • :2010年05月19日水
  • +
  • +:なごやん
  • +

ふえっ?

えっ、同じ会場にいたはずなのに…気づかなかった作品ばっか…!
列車のディオラマ、嘉瀬さんだったんですかあ!
鈴木オートもあったのぉ?
わたしゃ何をみちょったんじゃろ?

いや(笑)、お疲れさまでした、お陰さまで大変楽チンに一日を楽しむことが出来ました、ありがとうございました。
今度またよろしくお願いします。

それにしても軍艦島はそういう次第だったのですネ、見たかったですね。

  • :2010年05月19日水
  • +
  • +:moppu
  • +

無題

個性的なレポートありがとうございます。当日かなりの時間会場にいたはずなのに、とても同じ会場を見ていたとは思えないようなレポートでした。新鮮です(笑)!!

これからは展示会場で普通の人には見つけられないがマニアにはたまらない程度を表す単位として、あの不審船ランナーの発見困難さを1イブリとして、国際標準化機構(ISO)が策定に向けての調整をしているそうです。

  • :2010年05月19日水
  • +
  • +:根生
  • +

無題

燻さんこんにちは
レポート面白かったですよ。
さすが人と違う視点からの写真が多いこと(笑)
私も「特急あじあ号」気になって見入ってしまいました。「あじあ号」かっちょええですよね~ちなみに今回の「サピオ」にあじあ号のことなんやら特集してました。謀略といろんな国の国益に翻弄された列車ですよね。あんなにカッチョええのに。

  • :2010年05月19日水
  • +
  • +:カレー屋
  • +

まとめてコメント!

>とこやさん
アオシマはホンマに熱いです!
フィギュアは『はやぶさたん』のことですかな?
確か奥の方にありましたよ。
残念ながら写真は撮ってないです…スミマセン。
こちらこそ、よろしくです。またご連絡しますね~!

>なごやんさん
こちらこそ、本当にありがとうございました!
御大の作品の魅力は筆舌にし難いですね…
って、何を仰いますやら! 今度は自分たちも作品を…って、
恐れ多いでしょうか…
私ごときのぺディアでよろしければいつでもどこでも。
イナポロリ…もはや万能単位ですなぁ(笑)

>moppuさん
おっほっほ。どうですかな私の選球眼は!
列車系はしっかりちゃ~んとチェックしとりますぞ。
しかし軍艦島は残念でしたね…
私は道中ですので、こういう機会があればいつでも仰って下さいです。

>根生さん
マニアックな写真ばかり…と言うと、作者様に失礼ですね(苦笑)
こういう変わった趣向なモノや、センスが光る作品が大好きでして。
真っ先に撮影するようにしてまっす!
ほほう…ついに我が名前がISOに…1ユカワに次ぐ日本が誇れる
単位になれるよう、これからもマイナー道を突き進むとしましょう!

>カレー屋さん
お褒め頂き光栄です♪
おおっ、「あじあ号」をカレー屋さんもチェックされてましたか?
先進的、芸術的な機関車ですよね~。水色というセンスもある意味
飛んでます…
満鉄のことを書き始めるとまた批判の嵐になっちゃうので、ここらで
止めときます…(悔)
『サピオ』! チェックしてみます!

  • :2010年05月19日水
  • +URL
  • +:燻
  • +

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+