忍者ブログ

燻ログ -いぶろぐ-

徒然なるままに、その日暮らし。
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

01282350 『手の痕跡』そして『ノモノスとイミューム』

うわああん、ちょっと書くのが遅れちゃった…


さてさて! 前回の記事でお伝えしたように、先週木曜と金曜日に、わたくし
今年早くも上京して参りました。

理由はモチのロン、敬愛せし偉大にして英々たる平沢進猊下の超ライブ
『ノモノスとイミューム』に初参戦する為でありました。

そのついでと言っては何ですが…もうひとつ、上野の国立西洋美術館にて
この日曜まで開催されていた『手の痕跡』という、これまた私が大好きな
オーギュスト・ロダンの写真撮影可能な作品展示会が開催されて
おりまして。
この機会にと、そちらにも寄ることに決定。


朝9時、皆が仕事している中…新幹線こだまちゃんでいざ東京へ。

前日までちょいと天気が心配でしたが…




   fuji2013w.jpg

 ご覧の通り! 雪化粧の富士山もこのように見える晴天!
 気温が低く、かなーり寒かったですが…雨や雪に降られなくて本当に
 よかったです。


東京に着くと、すぐに宿泊するホテルへ向かって荷物を置き、できるだけ
身軽になっておきます。

到着時間が正午過ぎだったので、昼食を取りそのまま上野の美術館へ。




   rodan.jpg

 おおお来ました! ついにロダン先生の作品を見ることができるのか!
 平日の昼だというのに、結構な数の人が美術館へ入っていきます。




   zigoku.jpg

 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

 美術館の正面にそびえる巨大なブロンズの門…
 ロダン未完の大作、『地獄の門』ですよおおおお!!

 ダンテの『神曲』に登場する地獄への入り口をモチーフにし制作された
 超大作…ありがたやありがたや…
 
 扉正面の上、肘をついてるおっさんがかの有名な『考える人』です。
 本当はこの『地獄の門』の1パーツとして制作された像だったんですが、
 こっちの方が有名になっちゃったんですよね。


チケットを渡し、足早に展示会場へ向かいます。

写真もたくさん撮ったのですが、『私的利用に限って撮影可』とのこと。
ブログで掲載するのは流石にマズイと思いましたので、ここでは割愛。

ロダンの作品を一言で表すと、まさしく『肉』なんですよね。
あまりにリアルな肉すぎて、人間から型取りして作ってんじゃねーの?と
疑われたくらいです。

でも、よく見ると手や足のバランスとかが滅茶苦茶なものもあったりします。
像全体に比べて、手が大きめに作ってあったりするのです。
迫力や演出の為に正しさを削るというのは、何だか漫画の手法っぽい。
それとも、この展示会のタイトルは『手の痕跡』…
やはりロダンは手フェチだったのか…

造形に興味のある方で、まだロダンの作品をご覧になってないならば、
ゼヒ一度目にすることをオススメします。


ロダンの作品以外の常設展示もじっくり鑑賞していたら、3時間以上も
かかってしまいました。
美術館を出ると、もう5時前。

猊下のライブは7時から。少し早いですが渋谷へ向かうことにしました。



結論から言いますと…


甘く見ていました。



会場は渋谷公会堂。

開始2時間前だと言うのに、もう500人以上並んでいました…

そのほとんどが物販狙い。私も会場限定のトレーナーやタオルを
この際買いまくってやろうと目論んでいたのに…
スタート地点で挫折です。こりゃたぶん駄目だわ…
…ワンフェスが頭を過りましたよ…


開始1時間前。開場されて待機列が進むも当然レジに辿り着けず…
18:55に列を離れ、チケット番号の席へダッシュ!


私の席は前から7列目と最高のポジション! …と思いきや、ステージから
見て右端でスピーカーの真ん前。こ、これは死亡フラグでは…


おっかなびっくりしている内に、インタラクティブ・ライブがスタート!


インタラクティブ・ライブとは、会場の観客とネット中継を見ているファンが
ストーリー仕立てのライブの進行に様々な方法で干渉することにより、
結末を決めることができるというものです。

簡単に言えば、2時間で終わるアドベンチャーゲーム…でしょうか。
ううむ表現しにくい。

エンディングはグッドエンド、バッドエンドと複数種類あり、ルートによって
歌われる曲が異なるそうなので、連続3日間のライブでいろんな曲を
聴くことができるのです。


案の定、スピーカーの真ん前で爆音直撃でしたが…

もうね…最初からね…テンションマックスでしたよ…



ルートの選択方法も面白かったです。

ステージから投げ込まれた巨大な白い風船を、皆でパンチして
左右どちらかのレーザーに当てることで決定したり。

集音マイクに向かい大声を上げて、より大きかった方に進んだり。


初参戦でしたが、めっちゃ楽しめました!


ってか、私の大好きな『RIDE THE BLUE LIMBO』
『DUSToidよ歩行は快適か?』を聴けてもう感涙です。

本当に泣いてましたからね私…




エンディングはハエまみれ殺虫剤吹きまくりというカオスな
展開でしたが、どうやらグッドエンドだったらしい。
バッドも見たかったなぁ。

アンコール1曲目は、進行役を努めた義足の歌手『折茂昌美』さんとともに
『ガーベラ』を。2曲目は新劇場版ベルセルクのOP『Aria』


アンコールが終わり、閉会しても心臓バクバクの状態のままでした。
あ~~! やっぱ1日じゃ足らん! 次からは最低でも2日は行くようにしよう…


帰りは会場でお会いした方々と一緒に、ご飯を食べたり駄弁ったりしながら
流れ解散。
折角できた平沢仲間(笑)。次もできれば、あの面々にお会いしたいですなぁ。



翌日は昼から用事があったので、朝早くの新幹線で名古屋へ帰還。

あれから数日経ちますが…
未だに「う~~ら~~に~~わ~~♪」状態。



いやーライブって、ホントにいいもんですね!!


猊下ー! できたら今年は名古屋や大阪でもライブやってくらさいー!!



PR

ダンテの「神曲」!

わたし、意外とゲーマーでして(よく「意外」と言われるのです。)ダンテズ・インフェルノというゲームをプレイしたばかりなのです!この偶然にもなんだか感動しています!
こういうのに興味がなかったわけではないですが、より関心が高まりました。

本当に、また会えたらなと思いますぅ(T-T)

  • :2013年01月29日火
  • +
  • +:魁奈
  • +

無題

ホント良かったよねぇ(*´∇`*)

意外にロダン良かった(≧▽≦)/ 食わず(見ず)嫌いはイカンね

うちも色んな曲ぐるぐるしてる(笑)

  • :2013年01月29日火
  • +
  • +:ユラ
  • +

おお、ちょうどよかった!

>魁奈さん
すいません、こちらにて両方レスコメントを…
ヒラサワミュージックはヒラサワヴォイスでしか有り得ませんね!
私もあの御声で自動再生されます。

おおっ、それは偶然。ダンテ繋がりでゼヒ美術館前を覗いてみて下さい!
いいですよぉロダン彫刻! 『地獄の門』は屋外展示ですので、誰でも
見ることができますですよ。

師匠…ライブをもっと…いや大変なのは分かりますが…
その際は必ずやお会い致しましょうー!

>ユラさん
その節はどうもです~!
しもた。カラオケの話とか書き忘れた…(泣)

絵もいいですが、彫刻もいいですぜ! 確かに何かキッカケがないと
触れることって少ないですからね。楽しんで頂けたのならば幸いでっす!

まだ脳内ではライブ続いてますねぇ。
ちょいと師匠関連で、粘土こねてみるか…
「う~ら~に~わ~♪」

  • :2013年01月30日水
  • +
  • +:燻
  • +

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+