忍者ブログ

燻ログ -いぶろぐ-

徒然なるままに、その日暮らし。
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

09250426 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :09/25/04:26

03151830 突然の…

先日、仕事中に突然物凄い腹痛に襲われました。
今まで胃腸の弱さからか、度々腹を壊したことはありましたが、
今までのそれとはまるで違う、もうトンデモナイ腹痛でした。

トイレに駆け込み、リバース&スプラッシュ。
苦しさのあまり、生まれて初めてトイレの床に手を付きました…



結局その日は会社を早退し、胃腸風邪の類かと疑いつつ、少し
休んでから病院へ。
その頃には腹痛もだいぶよくなっており、待合室でいろいろなものを
ブチ撒けることはありませんでした。


15分ほど待って、いざ診察。
そこには皇太子殿下そっくりの先生が。


皇 「んん~~、どうしました今日は?」


衝撃のあまり立ち竦んでいた私は我に返り、自分の症状を説明。


皇 「んんん~~、胃腸風邪かもしれませんねぇ。最近流行ってますし」


ドクター皇太子は私にベッドで寝そべるように指示。触診でしょう。




しかし…何を隠そうこの私…

この触診が大の苦手なのである。





何故って…?



くすぐったいじゃん!!




案の定、笑ってしまうわ、腹筋に力入れてしまうわで触診できず。




皇 「あかんよキミ~、もっと触られるのに慣れな~」

私 「はぁ…すいません」

皇 「彼女に言って鍛えてもらいなさいよ~」



この男…殿下クリソツな顔でお下劣なことを…
ってか何を鍛えるんだ何を。

服を戻しつつ、私は小さくつぶやきました。




私 「彼女…いないんですよ…」


皇 「え……」



私 「………」



皇 「………」



私 「………」





皇 「うふわはははははは!!」





 Σ (´A`;)





いきなり大爆笑なされる殿下。
哀しいネタのはずなのに何故そこで爆笑するのだ!?



熱もないし、聴診器の結果も問題なかったようで、
結局食あたりということで処理されました。



まぁ、先生はとても気さくな方だったのでよかったですが…




帰り際、お礼を言って立ち上がり診察室から出るとき、


私 「次は触られても大丈夫なように、彼女作って鍛えてきます」


と、ニヒルな笑みを浮かべて言い放ったところ…




皇 「うふわはははははは!!」




と、また爆笑してくれました。

ここまでウケると嬉しくなるもので…次に診てもらうときには、また何か
ネタでも持って笑ってもらいましょうかねぇ。



最近、アホみたいに寒くて身体を壊しやすくなっています。

皆さんもくれぐれもご自愛を…


PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+