忍者ブログ

燻ログ -いぶろぐ-

徒然なるままに、その日暮らし。
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

10210833 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :10/21/08:33

11140031 初レア

前回の続き。驚愕レア体験の話ですが…


先週の連休最終日のお昼過ぎのことでした。


久々に友人が我が家を訪ねてくるということで、最寄の駅に車で彼を迎えに
行こうと外に出、階段を降りました(私の巣は会社の寮の2Fなのです)。




すると、階段のステップにヤバそうな色の茶色いエキスが大量に
撒かれているではありませんか!!



私 「こ…これはまさかウ○コ!!?(しかもユルユル時の!!)」



既に階段を降りつつあった私の肉体は加速しており、このままでは仕掛けられた
地雷を踏むのは必至。

しかも予期せぬウ○コ発見による驚愕で小脳に「緊急停止! 全速後退!!」
の命令を伝達するのが僅かに遅れ、脚部のアクチンとミオシンは躍動し続けています…


私は停止も後退も諦め、前方への加速に乗せて思い切りステップを蹴ることで
全力ジャンプを決行!!

何とかウ○コの撒かれたステップを飛び越えることに成功しました…




決して華麗にとは言えない着地。その直後、ブチッというイヤな音が。







穿いてたトランクスのゴムが切れたようです。




ウ○コ爆弾は、トランクスのゴムという尊い犠牲を払い、回避することに成功…




ってか、誰やウチの階段にクソ撒き散らしたボケカスは!!?


港町育ちならではの優雅なセリフを心の中で囁いていると、何やら付近から
イイ香りが。










はい。


撒かれていたのは、



ウ○コではなくコーヒーでした。











俺のトランクスのゴムよ…すまぬ…



涙を拭き、ふと、階段の手すりに目をやると、赤いマジックみたいなので…




 クソ○○シネ




(○○の部分には私の本名がカキコされてました)






私 「……?」




二度見。






 クソ○○シネ







私 「………」








工エエェェ(´д`)ェェエエ工








何か、私へのヒボーチューショー的な落書きがあるんですけど…

しかも調べてみると、階段だけでなく柱にもデカデカと『クソ○○シネ』
書かれてました。



後で聞きましたが、こういう落書きされると人って怒りよりも先に凹むそうで。




しかし私はご存知の通り変人です。




死ねなんて書かれるとは、ネタとしてはこの上ない素材…

とりあえず、その落書きとコーヒーを写メで撮影し友人一同に送信。



車で迎えに行ってやってきた友人にも見せまくりました。





一息ついてから現状を考えてみます。

どうやら、私のことを快く思っていない輩が落書きしてコーヒーをブチ撒けて
いったようですな。


昨晩、ゲルググのビームライフルを獲得すべく『戦場の絆』をしに
ゲーセンへ向かったときも帰ってきたときもコーヒーはありませんでした。

確か、帰宅したのは夜12時近く。



犯人は休みの日の夜12時過ぎにわざわざ寮までのやってきて落書きして
コーヒー撒いていったのでしょう。














ヒマなんやな…










ちなみに哀しいことに、犯人の目星が大体ついているのです。



私がここに住んでいることは、親しい友人達を除けば会社の人間くらいしか
知りません。



必然的に、社内に犯人がいる可能性が出てきます。

しかも残念ながら…心当たりがあるんだよなぁ。う~ん。




ってか、寮は会社の持ち物です。私の物ではないので落書きされても
何もダメージはないんですよね…

ちなみに私は「死ね!」と言われたら「生きる!」と言い返すFUJIWARA派な
人間です。正直こげなこと書かれても別に何も思いません。人それぞれ、
いろんな考えがありますもんね。





う~ん、とりあえず…



犯人をどうやって捕まえてブッこ…ゲフン。

お仕置きしてやろうか考えるとしましょう。




落書きされたところに『おつかれさまです』と書いた紙を貼っておくという
ことは考えたのですが、ショッキング度も馬鹿にしてる度もまだまだ手ぬるい。



皆の心のボス、エンノイア・バラードさんも言ってるじゃありませんか。
「大切な人には限りなく優しく、そうでない人には限りなく残酷になれれば一人前」
ってね…ウフフ…フフ…



そして、友人と一緒にしばらく考えた結果――

 

この事件を会社中に広めた上、
警察沙汰にしてしまおう
ということで決着。

 




翌日、早速会社に落書きの件を報告。


そして、作戦通り、会う同僚全てに

「昨日の夜、ウチに『死ね』って落書きされたんですよ!!」

と言いふらしまくり。



同時に、会社に器物破損で被害届を警察に出してもらい、私個人も
迷惑防止条例に則り、告発も視野に入れて動き始めていると伝えておきます。


仮に犯人が社内にいるのならば、警察が動いているという事実でかなり
精神的ダメージを負わせられるでしょう。




瞬く間に噂は広まり、計画通りにコトは進むように見えましたが…

しばらくして、会社の総務から連絡が入り、その内容を聞いて私は驚愕しました。

その内容は――



会社としては被害届も出さず、落書きを消して終了する。



というものでした。





…カチン。





前回、同僚が倒れたときもそうでしたが、何でこの会社はここまで事なかれ主義
なんでしょうか…


寮は会社の所有物。私が被害届を出しても捜査するには所有者の同意が
必要となります。故に、会社から出してもらうのは絶対条件なのです。


私は「それでは困る。悪戯がエスカレートしないという保証がない以上、被害届
だけでも提出しておくべきだ」と強く抗議。

総務も渋々といった感じで検討すると答えてくれました。



ちと不愉快な思いをしながら帰宅すると、早速警察に連絡。

会社が役に立たなそうな以上、私が率先して動かねばなるまい。



寮から数分のという近くに交番があり、そこからバイクに乗った警官が2名、
すぐに駆けつけてくれました。



最初に言っておきますが、この警官2名。

私の警察に対する見方を大きく変えてくれました。

良い方向へです。




警官は到着早々、コーヒーと落書きを撮影。証拠として保管するそうです。


警官 「くだらない悪戯しますね…犯人に心当たりはありますか?」

私 「心当たりはあるんですが、確定的ではなくて…」


普段はギャーギャー騒ぐ私ですが、今は善良かつ心無い悪戯に怯える小市民を
装うべく、小声で答えます。

社内の人間に心当たりがあると伝え、会社があまり動きたがっていない旨を
伝えると、警官の態度が急変しました。


警官 「それは駄目です! 絶対に被害届を出させてください!!」


話によると、この手の事件は結構多く発生していて、捜査の結果、社内で犯人を
特定し、告訴しようとしても会社が金銭で無理矢理解決してしまうということが
何度もあったそうです。


警官 「僕ら警察はそれが絶対に許せないんです。犯罪を犯してるのに金で
    解決されたら、犯人はそれだけで得してしまう。つまり犯人を勝たせる
    ことになってしまいます。何の為に刑罰があるのか、分かりませんよ」


かなり苦汁を舐めたことがあるようで、警官達は随分怒ってました。


久々に熱い漢達に出会い、私のテンションも必然的にアップ。


私 「分かりました、私が絶対に会社に被害届を出させます!!」


警官 「お願いします!!」


ガシッと固い握手を交わし(あくまでイメージです)、警官達は去っていきました。





さらに翌日、出勤して総務に被害届の件を聞いてみると…



被害届を提出するか、考えてみる。



という素っ頓狂な答えが返ってきました。










ブチッ。






今度はトランクスのゴムではなく、私の堪忍袋の口を締めてたヒモが
ブッ千切れました。







何ボケくさったことぬかしとるんじゃワレ!?
エスカレートしたらどないするんじゃ言うとるやろが
ええゴルァ!!?
この会社は社員の安全より体裁重視するんか!?
もし俺が犯人に刺されて死んだらてめぇらの怠慢が
原因やぞ!! そうなったらどないしてくれるんじゃアア!?
んな醜態晒してクソ体裁保てる思うとるんかボケコラ!!!
こういうのは小さい芽の内に摘み取っとくのが基本やろが!!!
幼稚園児でも分かることをわざわざ俺に言わせとんなっ
つーんじゃ!!
時間の浪費と無駄なカロリー使うのが一ッッ番嫌いなんじゃ
クソが!!
分かったらさっさと被害届出してきくされボンクラどもが!!!




という内容を敬語で丁寧に怒鳴らせて頂きました




ってか、もう犯人探しなんかどうでもいいです(オイ!!)。

この会社に絶ッッ対被害届出させてやるわ!!!




しかし…私の怒りはまだまだ治まりません。



あまりにも怒りが強すぎたのか、強烈な便意を催し、トイレに直行。



安寧の地にてズボンを下ろし、いざコトに及ぼうとした瞬間。





ブチッ。








私 「アッー!」









怒りのあまり気張り過ぎたのか、ワタクシ燻、切れ痔が再発してしまいました。




出血したせいで血圧が下がったのか、ちょっと心が落ち着いたんですけどね…



落書き事件とともにこの切れ痔事件も会社中に広がってしまいましたが、
まぁよしとしましょう。





そして帰宅直前、総務から再び連絡が入る。

ボケた答えを返してきたら事務所に殴り込んでやろうと構えていたのですが、

総務の回答は――







明日、警察に被害届を提出する




ということでした!!




やったーー!! あの重い腰の野郎どもを動かしてやったどーー!!



ちなみに後で知ったことですが、総務の人間がこの事件を独断で止めていて
社長や部長まで報告が伝わっていなかった模様です。

まぁ…その総務の人間にはオトシマエをつけてもらいますが、とにかく、
これで私の計画はコンプリートに至りました。





…途中から趣旨が変わってしまいましたが、これが今回の事件の顛末でした。



地元で大事件発生 → 交通事故現場に遭遇 → 家に落書きされる



2度あることは何とやら。これで終わってくれるといいのですが。



また何か事件が発生したら、ここでも報告させて頂きます。



あ、ちなみにもう落書きは消しちゃったのでありません。もし近日中に再び落書き
されたら…そうですね。次回は――


 落書き事件2 ~復讐編~


というカタチでお送りできるように盛り上げておきます(苦笑)。


 

PR

無題

こんにちは、根生です。
 いやはや、大変でしたね。こういうことは公にするのが一番、なんとか穏便になんて思っていると、結局後悔します。なんでも仕事はプロ(この場合はお巡りさん)に任せましょう。
 それよりもあと1ヶ月、刺されないように注意してくださいね。モケ忘でお元気な姿を見るまではチョイと心配です。

  • :2008年11月14日金
  • +URL
  • +:根生
  • +

無題

そんな熱いポリッツアイ達もいるのですね~。でもそんな落書き○チン野郎は「ブロンコのV1」でやっつけてやってくださいね!

  • :2008年11月14日金
  • +
  • +:ホワイトタイガー
  • +

無題

なんとまあ大変なことに連発で遭遇心中お察しします。
 お体だけは大切に。

  • :2008年11月15日土
  • +
  • +:モケモケ
  • +

ご心配頂き恐縮の極みです

うおお、何か皆さんにご心配をお掛けしてしまったようで…

警察の方も深夜にこの辺りを見回ってくれていますし、
何より例の『心当たり』の人物が私との接触を避けるように
なったので(ザマミロ)、恐らくこれ以上のことはないと思います。

しかし落書きなんて…ホンッットにくだらんですな…
V1だと迎撃されるかもしれないので、回避不能のV2を
ブチ込んでやりたいです。
何にせよ、あの熱い警官達にお任せすれば、大丈夫な気がします。

流石に武力行使はしてこないと思いますが、一応用心も兼ねて
服の下に少年ジャンプでも仕込んでおこうかと考えております…
例え何があろうとも、モケ忘には参加しますので、ご安心下さい!

  • :2008年11月15日土
  • +URL
  • +:燻
  • +

無題

少年ジャンプでは薄いかもよ!やっぱココは月刊アフタヌーンで決まりです!(笑)

  • :2008年11月15日土
  • +
  • +:ホワイトタイガー
  • +

マジっすか

確かにアフタヌーンの方が厚みも内容も硬くて厚い…
ゲフンゲフン。
また敵を作ってしまうような発言は自重致しますです…

  • :2008年11月16日日
  • +URL
  • +:燻
  • +

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+