忍者ブログ

燻ログ -いぶろぐ-

徒然なるままに、その日暮らし。
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

03151502 M13/40 カーロ・アルマート ②

いよいよ完成間近。
イタリア軍中戦車M13/40制作記の第2弾であります。




写真をアップする前に、皆さんに謝らなくてはなりません。






ボクは暗黒面に飲み込まれてしまいました…


ダースベイダーの気持ちがちと分かるわ…





前回の記事にて「素組みでいったるわゴルァ!!」と意気込んで
みたはいいものの、結局ネットで実車の写真を検索、目立つ部分のみでは
ありますが、手を加えてしまいました…ぐすん。






   m13-5.jpg

 付属エッチングパーツ、メタル砲身を接着。全体像がハッキリしてきました。
 おお~、なかなかにしてダサかっこいい。


手を加えた箇所の説明をば。

車体左側面にある、ドライバーズハッチ(?)の取っ手モールドを削り落とし、
細いプラ棒を曲げて再現。

これだけでも結構映えますね~。






   m13-6.jpg

 真正面から。スペックデータよりも強そうです。


正面の修正箇所は、前面下部にある3ヶ所のフックにリベットを追加。
箱絵ではちゃんと描かれているのになぁ。ちなみにこれもプラ棒を
薄く切った物です。

次に、前面連装機関銃の中央と、砲塔のスリット内部に銃眼を開口。
タミヤから発売されているピンバイスの一番細いドリルを使用。

あとは、側面に取り付けられているライトの電球を、これまたプラ棒を
切って接着。






   m13-7.jpg

 車体右側。せっかく追加した手すり(これもプラ棒です)でしたが、
 取り付け後に手を滑らせて車体を落としてしまい、曲がっちゃいました…
 まぁ、実車の写真を見てもグニャグニャに曲がってたりするんで、これは
 これで…

修正箇所ですが、上記の通り手すりを追加。他にはライトの基部をプラ棒を
丸く削って再現。

あと、これはハッキリした資料がなかったのでデッチアップとなりますが、
ライトの上にある無線アンテナ基部を、プラ棒で埋めました。
後で真鍮線でアンテナ作って差し込みましょう。






   m13-8.jpg

 車体後方。あれ? 何でこの写真だけ暗い…?
 
ここは追加工作ではなく、キットパーツを1ヶ所だけ修正しました。

写真中央に付けられているフックが分かるでしょうか?
これは元のパーツですと、フックではなくただの平べったい半円状に
なってます。
実車を見ると、どうやら逆向きフックのようだったので、パーツをテキトーに
削ってそれっぽくしました。

…もうちょっとしっかり削った方が見栄え良かったかも。




ディティールアップは以上で終了です。

う~ん、これくらい手を入れるのが、自分にとってちょうどいいかも。
(精神的にも技術的にもですが)

自己満足自己満足。



いよいよ今日、サーフェイサーを吹いて塗装に入っていきたいと思います。


PR

無題

燻さんこんばんは!
適当な所で妥協しないとキリがつきませんよ~!

  • :2009年03月15日日
  • +
  • +:ホワイトタイガー
  • +

ひ~!

ホワイトタイガーさん、こんばんは!
昨日はアドバイスありがとうございました。

帰宅後、ガンダムを観つつカーロ君のマフラー穴を開口、その後すぐに
サーフェイサーを吹いちゃいました。
そうしてしまえば、もうディティールアップはできなくなりますからね…(遠い目)

今回はいいポイントで妥協できたと思います。
次からもこれくらいで止めたいですね…(さらに遠い目)

  • :2009年03月16日月
  • +URL
  • +:燻
  • +

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+