忍者ブログ

燻ログ -いぶろぐ-

徒然なるままに、その日暮らし。
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

04292004 『吉岡』氏の正体

前回、会社に私宛てでかかってきた電話ですが、その正体が
つい先日、判明致しました。

私宛ての謎の電話があった翌日、懲りずにその『吉岡』氏から
再び電話があったのです。

受付の方には、
「次に電話があったら、要件と連絡先を聞いといて下さい」
と伝えてあったので、その『吉岡』氏が何者なのか。これで
分かるハズ。



受付 「あの~、昨日の吉岡って人からまた電話があったんですが…」

 私 「(またかよ) 連絡先とか、分かりました?」

受付 「はい。SISという社名を名乗ってました」

 私 「SIS?」



知らないなぁ…SAS(イギリス陸軍特殊部隊)
SAT(日本警察の特殊急襲部隊)なら知ってるんだけど。

サウジアラビアあたりの特殊部隊か何かか?




受付によると、『吉岡』氏はまた後で連絡してくるとのこと。
受付が断ろうとしましたが、そのまま切られてしまったようで…


そんなにしつこく電話してくるなんて、一体何の用なのだろうか?


こうなっては、私自らが得意の話術で撃退するしかあるまい。

早速、私は受付に、次に電話がかかってきたら、私に通すようにと
伝える。

決して仕事をサボれるなどという邪な理由ではない!






職場の皆も事情を知っているので、観戦モード。





2時間程して、受付から内線が!!






 私 「お電話替わりました。イブリスです」

 ? 「イブリスさんはじめまして。私、○○☆☆学院の営業を
     しております、吉岡と申します」




SISじゃねぇのかよ。




 私 「はぁ、どうも。それで、私に何か御用でしょうか?」

吉岡 「はい。私どもは昨今の低迷する日本経済を打破するべく―――」














  (´A`)











来ましたよ…この手のヤロウだったのか…


要約しますと、日本経済を憂う者たちが集まり、世界各国の経営者、学者の
有難いお話を拝聴し、将来日本を背負える若者を育てるというプロジェクトに
参加しないか? というものでした。



私も日本経済…いや、日本そのものを憂いている1人。
日々、様々な視点から考察し、勉強もしているつもりです。


だからといってこげなもので(たぶんですけど)大金支払うのは御免こうむる!


俺にはプラモという金のかかる趣味があるのだッ!!





それよりも、気になることがあるので、今度はこちらから営業・吉岡に
仕掛けました。






  私 「お話は分かりましたが、ひとつ、気になることが」

吉岡 「はい、何でしょう?」

 私 「私がここに勤めていること、どうやって知りました?」



一瞬間が空きましたが、吉岡氏はこう切り返しました。



吉岡  「実は、イブリス様のご友人がこの企画に参加されておりまして。
     そのご友人が、イブリス様ならきっと興味を持たれるだろうという
     ことで、ご紹介を預かり、お電話させて頂きました」

 私  「ほほう」




友人と来ましたか。

まぁ間違いなく嘘で、某就職情報サイトの紹介欄が情報元でしょうけど。
しかしそれを言っちゃうと、訴訟問題やら発展するので、こういう言い訳に
なったんでしょうな…




 私 「私の友人ですか…おかしいですね。私の知友で、本人の許可無く
    個人情報を他人に教えるようなことをする者はいないのですが」

吉岡 「はい。しかし…」

 私 「その私の個人情報を漏らした友人という者の名前を教えてもらえ
     ませんか? 訴訟・制裁を含めて考えたいので

吉岡 「あ、あのですね。私は事務員でして、そのような個人情報は
    存じ上げず…」

 私 「あ゜? お前さっき営業言うたやないか。事務員? 何や、お前
    嘘言うたんか?」

    ↑ 関西弁にして語気を強めるのがミソ。



吉岡 「す、すいません…営業でして…個人情報は…」

 私 「あ゛? 俺の個人情報は筒抜けてもその友人様の情報は
    教えれんのかい。その俺よりも上の友人様の情報、是非とも
    知りとうなったわ。ええから教えろ

吉岡 「は、はい。当社の方針で、そのようなことは…」

 私 「吉岡やったなお前。お前や話にならへんわ。上司呼べ。
    そいつと掛け合うよってよ」

吉岡 「は、はい、それでも申し訳ありませ…」




 私 「はよ呼ばんかいゴルァ!!」




吉岡 「当社の企画にご興味ないようですので失礼致します」



ブツッ。







 私 「………………………………………………チッ

     ↑ 不完全燃焼。





もうちょっと粘れや吉岡ぁ~。




まぁ不完全燃焼とは言え、少し遊べた…ゲフンゲフン。大きい声を
出せたので気分転換にはなりましたな。くふふ…


この電話で職場も随分と盛り上がりました。
こんなに盛り上がったのは0083の時以来ではないだろうか。








ちなみに、後で『SIS』調べてみたら…





SIS : Secret Intelligence Service

イギリス情報局秘密情報部








をいッ!! MI6ぢゃねぇかよ!!!




ジェームズ・ボンドが所属する大英帝国の諜報機関が、
一介のヲタでしかないこの私に何故電話を…?

ひょっとして常日頃バ韓国中国を批判しまくってるからか…?




それよりも、あの『吉岡』氏…

まさか、スパイかエージェント!?


関西弁作戦、ヤバかったのでわ…





…もっと詳しく話を聞いておくべきだったかも…orz


PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+